About

板垣あずさ

 

1986年生まれ。20歳で北欧に移住、スウェーデン、マルメ大学にて言語文化学科卒業、ストックホルム大学にて服飾文化研究修士号を取得。その後ストックホルム音楽教養大学にて、クリエイティブダンスを学ぶ。

民話、神話の研究をし、親子を対象にした日本童話ヨガの創設者でもある。

スカンジナビア・ササカワ財団から2016年に奨学金を授与し、災害にあった福島県の南相馬市にて 民話を集める。

スウェーデン、ストックホルムを本部に置き、中南米、北欧でのプロジェクトを実施する非営利団体Innovadora (スペイン語で革新者を意味する)に所属。2017年夏にはスウェーデンにいる避難民の青少年、少女たちにアート(ヨガ、ダンス、絵画、映画制作)を通して交流を図るプロジェクトを主催。

その他パフォーマンスアーティスト、ヨガインストラクター、セラピスト、絵本作家として多岐に活躍する。

 

Azusa Itagaki

 

Born in 1986

Performance artist, yoga instructor, body therapist,

and children’s book author

 

Migrated to Sweden at the age of twenty

BA in Language and Culture at Malmö University in Sweden

MA in Fashion Studies at University of Stockholm

Creative Dance at School of Music Pedagogy in Stockholm

 

Azusa created Japanese Storytelling Yoga for kids and family in 2013 because of her great passion and interest for folktales and mythologies. In 2016, she received a scholarship from Scandinavian-Sasakawa Foundation to do a reseach of folk tales in Minami-Soma City, Fukushima Prefecture.

 

She is also a member of a none-profit organization Innovadora (meaning innovators in Spanish) that conducts projects mainly in Latin America and Scandinavia. In 2017, they have made an art project with youth who are asylum seekers in Sweden.